Microsoft HoloLens(ホロレンズ)を体験してみた感想

今まで個人輸入で海外版を入手しなければならなかったのですが、いよいよ日本でのHoloLens(ホロレンズ)の販売が決定しました!
これで合法的に無線なども利用して使うことが可能となります。(※国内版のみ)

一足お先にHoloLendsを体験するイベントがありましたので、そちらで体感させてもらった感想を書いてみたいと思います。

装着性

意外と軽いです。ハコスコみたいなものとは異なり、全体的に重さが分散されていますので、装着していて特に重いと感じるようなことはありませんでした。
装着するには普通にかぶり、手探りで真後ろのダイアルを見つけて、そこをクリクリ廻すことでバンドが締まっていきます。まるで孫悟空が自力で輪っかを締め付けている感じです。(きつく締める必要はありませんので、ほどほどに。)
メガネは装着したままでも体感できますが、HoloLens自体が鼻あてを利用して支える構造になっていますので、すぐ画面がズレてしまいました。そのため常に片手で支えながら利用する形での体験になってしまいました。
メガネユーザーの方々はここら辺を何かしら考えないといけなさそうです。

視認性

思ったよりも表示領域は狭かったです。表示領域が4:3ですので、左右のオブジェクトがすぐ見切れてしまいます。すごくワイド画面だったらいいなと感じました。ここはHoloLends2(あれば)で改善されるのを期待するしかなさそうです。
屋内での体験だけだったのですが、明るさやコンストラストを調整するボタンがあり、屋外ではこれを調整すれば元がサングラス状態ですので、いい感じに見えるのかもしれません。

操作性

視点で選択して、指でのジェスチャーや声で操作する形になります。
慣れないとうまくジェスチャーを認識してくれず、イライラします。
おまけに英語版でしたので、声での認識もネイティブなイングリッシュをスピークしないと上手く反応しません。(※コルタナさんだけはよく反応します。)
そういったこともあり、サクサクとした機敏な動作や微細な動きには対応できなさそうですので、そういった制御をするにはコントローラーがあった方が、便利かもしれません。

アプリの挙動

Mixed Reality(ミックスドリアリティ)ですので、現実にある物体をHoloLends側が認識することが出来ますし、HoloLends側にあるオブジェクトを現実の物体の上に置いたりすることも可能です。
基本は起動時の座標に固定される形になります。(一応、視点方向に付いてくることも可能。)
そのため、ジェスチャ操作が暴発して起動したままになっているブラウザとかゲームがあちこちに残っていたりして、ふと周りを見渡すとアプリが散らかった部屋になってました。
サクッと電源を切ればいいのかもしれませんが、距離が離れる(部屋から出るなど)と後片付けを警告してくれるような機能を搭載してもいいかもしれません。

期待のゲームアプリ

プリインストールされたチュートリアルアプリなどもすごいのですが、このアプリはもっとすごいです。

RoboRaid
この複合現実の一人称シューティングゲームでは自然に動くだけで、全方向からやってくる敵に照準を合わせることができます。

このゲームは四方八方から敵が出てくるのですが、指でアクションするとビームが出て現実の壁がリアルに壊れます。(壊れるように見えます)
これぞMixed Realityといった感じです。

全体的な感想

Mixed Realityをどのように使うことが出来るか、なかなか想像(妄想?)が膨らみます。
やはり実機を触ってみて、出来ること出来ないことやどのような扱いが適しているのかが解かってよかったです。
(傍から他の人の操作を見ていると、ジェスチャーが残念なところや独り言が多くなるところとかも。)

現時点でもエミュレーターでの開発は可能ですので、体験はできませんが作ることなら出来ます。(※2DアプリならVisualStudio、3DアプリならUnity)
Mixed Realityなら、その場の座標にオブジェクトを配置することが出来ますし、裏側まで覗き込むこともできます。
ですので、自分が動くことが起点となるアプリなどが得意そうなイメージですので、立体迷路や宝探しなどいいと感じました。(個人的にはリアル「エネミーゼロ」が欲しい。)
特に閉鎖された空間(部屋)を舞台すると座標なども割り出しやすいので、安定したアプリが作れそうです。屋内でのサバゲーなどSF感を出しつつ出来るかもしれません。

さすがに高くてすぐには買えませんが、実機入手(または互換機)までいろいろ準備して待ちたいと思います。

2017/1/23追記

とうとう開発者向けですが、無事発売されました!
https://www.microsoft.com/microsoft-hololens/ja-jp/order-now

Development Editionは¥333,800
Commercial Suite(企業向けの機能・保障付き)は¥555,800

新しいデバイスも検討しているようですので、今後も期待です。

この記事をシェアする
Tweet about this on TwitterShare on Facebook3

Comments

Comments